SEO対策

訪問者を利用者にすることがユーザーファーストSEOの目的です

タイピング

SEO界隈では検索エンジンに評価されやすさを重視したSEO対策はすでに廃れており、利用者目線を重視したユーザーファーストSEOに移り変わっています。その理由は、既存のSEO対策は検索エンジンに特化しすぎて、ユーザビリティが低下してきたからです。これまではとにかく人目につかなければ意味が無いと、検索エンジンに好かれるコンテンツ作りだけを重視し、その結果訪問者には逆に利用しにくいページも増えていました。そうなると訪問者としては、一目見て欲しい情報がわかりにくそうだから、と言う理由ですぐに他のサイトへ移動してしまいます。
そうして検索者にページが訪問されてもコンテンツが利用されなければ、収益には繋がりません。対してユーザーファーストSEOは、検索エンジンの好みではなく、利用者のニーズに沿い、ユーザビリティの高いコンテンツを作ることで、訪問者に気に入ってもらい、訪れるだけでなく利用してもらえるコンテンツを作ることを重視します。
そもそも検索エンジンは、利用者にとって有用なコンテンツを評価するので、内部リンクやカテゴリ分け、パンくずリストなどのユーザビリティに繋がる要素を適切に丁寧に用意すれば、無理に好みに合わせなくても充分評価されます。
こうして過剰に検索エンジンを気にせず、無駄なくコンテンツを評価してもらい、訪問者を利用者に変えて収益に繋げることが、ユーザーファーストSEOのコンセプトです。

UPDATE CONTENTS